オススメリンク

電報

黄色い花

結婚式のお祝いやお返しとはあまり関係ないかもしれませんが、結婚祝いの気持ちを伝えるのに、電報は今でも有効です。

今では電報はあまり意味がなくなってきています。携帯電話のメールですぐに連絡が取れるので、急な用件でも電報が使われることはほぼなくなりました。しかし、近年では電報も進化しており、結婚祝いに会えて電報を送るという変わった贈り物ならぬ送りものを贈ることがあります。

現在、電報はただメッセージを送るだけでなく、フラワーボックスに入れて送ったり、マンガやアニメのキャラクターボックスに入れて贈ることが可能です。よって、ただの味気ない神ではなく、祝の気持ちを伝える方法として、電報は新たな方法として活動しています。

この誤字背、連絡手段が発達したおかげで遠くにいる人とも簡単に連絡が取れるようになりました。しかし、そんな時に会えて昔の手段を使用して送ることは、相手にサプライズを与え、ユニークなピレ前途に姿を変えます。
何か一風変わった贈り物を考えているのであれば、電報を試してみてはいかがでしょうか。

花嫁、花婿へ

白い花

両親に感謝の気持をお返しするのも重要ですが、やはり結婚式の主役は花嫁、花婿です。よって、ここではそんな花嫁、花婿へ結婚祝いとして贈る贈り物について紹介していきます。

このあ場合、お祝いの品で何が一番良いかというと、実用的なものです。これから始まる新生活、何かと入用になってくるものであり、特にキッチン周りの道具は大いに越したことはありません。よって、実用的なものの中でも特にキッチンで使えるものは喜ばれます。

他にも、ティーカップなども結構喜ばれます。
新しく生活を始める際にうっかり見落としがちなのが、来客用の備えです。しばらくは自分たちの身の回りで精一杯になるので来客用の備えまで考えが廻ることはありません。そこで、おしゃれなティーカップのセットなどを贈り物として贈ることで、自分用にも来客用にも使うことが出来ます。

最近では、カタログギフトも人気です。自分で考えて贈るよりも、カタログギフトを贈ることで今本当に必要な物を二人で探してもらうという手段です。これならば二人が本当に必要な物が探しやすくなるので、結婚祝いにもお返し用の引き出物にもカタログギフトが利用されている傾向が強いです。

両親に贈るものが感謝の気持ならば、二人に送るものは今後役に立つものであり、改めて考えると、贈り物の質は対極です。しかし、どちらにも共通しているのはお祝いの心であり、贈る際には心の底から祝福をしましょう。

両親へ

綺麗な花

花嫁、花婿が両親へ贈る贈り物は何が良いかについて紹介します。今まで育ててくれたお返しとして、感謝の気持をきちんと伝えましょう。

両親に送るお祝いとして、最も人気が高いのが花束です。結婚祝いとして沢山花束をもらうかもしれませんが、こちらも両親に花束を送りましょう。
花束を贈る際に気をつけなければならないのは、花言葉です。花には花言葉があり、場面に応じて使い分けが重要になってきます。バラ一つとっても、色によってその意味合いは大きく変わってきます。例えば、赤いバラは情熱という意味が込められていますが、黄色いバラには嫉妬という意味が込められています。
結婚式の場で両親に贈る花としてふさわしいのは沢山あります。オーソドックスにバラを贈るのも良いですし、感謝を意味するホワイトレースフラワーも気持ちを伝えるのにふさわしいです。どのような花を送るかは、相手やお花屋さんと相談して決めましょう。

最近では、テディベアを贈るのも人気です。それもただのテディベアではなく、生まれた時の重さと同じテディベアです。昔はこんなに軽くなったのに、今ではこんなに大きくなりました。という意味が込められています。
また、テディベアではなく、同じ体重のお米を贈るのも有効です。この際には、赤ちゃんの服に包み、渡しましょう。お米だと後で食べることも出来ますし、実用的だということでこちらも好評です。

実用的なものならば、時計や、旅行券も人気です。「新たな時を刻んで欲しい」という意味を込めて時計を送ったり、「今まで育ててくれてありがとう」というねぎらいと感謝の意味を込めて温泉旅行のペアチケットをプレゼントするのも有効です。

繰り返しますが、大事なのは感謝の気持です。しかし、気持ちだけでは伝えきれないことがある場合もあるので、品物で表現します。何を伝えたいのか。それを考えてプレゼントを贈りましょう。

結婚式に際して

赤い花

結婚式。まさに人生のターニングポイントです。これから新しい家族が増え新たな生活を始めるための門出となる儀式です。
結婚式をよりよいものにするためには、色々と準備をしなければなりません。誰を呼ぶか、結婚式場はどこにするか、どんな引き出物が良いか、知っておかなければならないことは山ほどあり、知っていれば知っているほど結婚式を行う際に「ああしていればよかったな」と思う要素はなくなっていきます。

そんな中、結婚式には欠かせないものがあります。それが贈り物です。新たな人生の門出に差し掛かるのは花嫁と花婿だけではありません。両親だって新たな人生が始まります。結婚することにより、子供は親元を完全に離れ、正真正銘一人前になるのです。
そして、そんな一人前に育ててくれたのは、他でもない両親です。よって、そんな両親に、何か贈り物をしましょう。

結婚祝いを贈られることは多いと思いますが、結婚する側もお返しに何かを贈る事をおすすめします。特に両親にはお世話になったのですから、感謝の言葉以外にも、何か贈り物をして挙げると、喜ばれます。
この時に覚えておかなければならないのは、贈り物に何を贈ったかではありません。もちろんある程度の品物であるのは重要ですが、それよりも肝心なのは、感謝の気持を伝えることです。心の底から感謝の気持を伝え、今まで育ててくれたお礼を言いましょう。

当記事では、そんな贈り物について紹介していきます。花嫁、花婿が贈る贈り物以外にも、こちら側から花嫁、花婿に送る贈り物についても紹介していきます。何を贈ればいいのか迷っているのでしたら、ぜひご一読下さい。

アーカイブ
2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリー